ドローン

政府が外壁検査などにドローンやAI(人工知能)の活用を検討!

こんにちは! Con-neスタッフです。

昨日の10月3日、政府により未来投資会議が開かれました。
今回は建築業界にもうれしい結果がもたらされたようです。

なんと政府は、現在は目視で行なわないといけないために、足場をつくって行っている建築物の
外壁調査や、危険が伴うエレベーターのロープ点検などに、
赤外線センサーを搭載したドローンを活用したり、またその集めたデータをAI(人工知能)を使って
分析できるように必要な法の整備や規制の緩和を検討する方針を示したそうです。

政府は、今後、実証実験などを通じて実現に向けた課題や問題点を洗い出し、必要な法の整備や
規制の緩和について検討を進めることにしているとのことです。

規制が緩和され、今よりも容易にドローンによる建物の外壁検査やエレベーターロープの調査
が出来るようになった場合、以下のメリットが考えられます。

1.足場などを組まなくてもよくなるので数百万、時には数千万していた足場代がいらなくなる。

2.目視で劣化した箇所をみるけるのは熟練した技術と経験が必要ですが、高解像度の赤外線が
搭載されたドローンを使えば、ミリ単位の細かい箇所も見逃すことはなくなります。

3.エレベーターの点検はとても危険を伴うのでドローンを使うことで、人間は操縦だけを
すればいいので危険な作業を回避できる。

今思いついたものはこんな感じですが、他にもたくさんあると思います。

現在も、もちろんドローンを使って外壁の調査ができる会社や人はいらっしゃいますが
操縦ができる場所がかなり限られていたり、いろいろな法律によって誰でもが出来る
わけではありません。

これが実現することで、たくさんの方々が大変な作業から解放されるのを思うと、
早くいろいろ前に進んでほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県のドローンをつかった事業に対する取り組みがすごい!前のページ

第2回セミナー「初めてのドローン ~安全に飛行するためには~」次のページ初めてのドローン-安全に飛行するためには- セミナー開催のお知らせ

関連記事

  1. ドローン

    大分県のドローンをつかった事業に対する取り組みがすごい!

    本日は、大分県のドローンをつかった事業に対する取り組みのご紹介をしたい…

  2. 技術情報

    「デジタルツイン」が5G回線によって建築・土木業界の働き方をかえる!!

    2019年9月18日にSymmetry Dimensions Inc.…

  3. 初めてのドローン-安全に飛行するためには- セミナー開催のお知らせ

    セミナー・イベント

    第2回セミナー「初めてのドローン ~安全に飛行するためには~」

    Con-ne 主催:第2回「初めてのドローンセミナー」を行います。…

  4. セミナー・イベント

    第1回「初めてのドローンセミナー」

    Con-ne 主催:第1回「初めてのドローンセミナー」を行います。…

  5. セミナー・イベント

    第1回「始めてのドローン」セミナー終了

    8月1日にCon-ne 主催:第1回「初めてのドローンセミナー」を開催…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Con-ne

    第33回英光祭のご紹介
  2. セミナー・イベント

    第1回「始めてのドローン」セミナー終了
  3. ドローン

    政府が外壁検査などにドローンやAI(人工知能)の活用を検討!
  4. news

    国富スマートIC10月6日開通 東九州道
  5. 補助金・助成金

    IT導入補助金2019
PAGE TOP